教育実践Practice

生徒指導規程

千年小学校 生徒指導規程

第1章 総則

(目 的)

第1条 この規程は,児童が自主的・自律的に充実した学校生活を送るという観点から必要な事項を定め,児童の規範意識を高めるためのものである。

第2章 学校生活に関すること

(服 装)

第2条 衛生的で小学生らしい身だしなみに気をつけ,華美にならないよう,健康で安全な学校生活を送ることができるようにする。

(1) 学校規定されている服装

奨励服着用

(2)カバン・ランドセル

千年ンジャーのキーホルダーのみをつける。

(3)体操服・体操ズボン・体操帽子

ゴムをつけて,帽子を着用する。 体操服は,夏用と冬用を季節に合わせて着用する。 体操服は,半袖から下着が見えない着方をする。

(4)水着

大きくはっきり名前を書いて貼り付ける。

(5)手袋・ネックウォーマーの着用

冬期は登下校時に着用してもよい。登下校以外のときはランドセルに入れる。

(6)名札

学年と名前がはっきり分かるようにする。

(頭 髪)

第3条 勉強の妨げにならないような髪型にする。

(1)髪を結んだり,止めたりするのは,黒のゴムかピンを使用する。
(2)奨励服に着替える時に,髪は結んだり,止めたりする。
(3)水泳のある期間は,水泳帽子に入る髪型にする。

(登下校)

第4条交通ルールとマナーを守り,安全に十分注意して登校する。

(1)危険なので,集合場所で遊ばない。
(2)1列に並んで登校する。
(3)みんなの安全を考えてくれている班長の指示に従う。
(4)歩道(白線内)を歩く。
(5)寄り道をしない。(川で遊ばない。他人の敷地内に入らない。)
(6)出来るだけ一人で帰らない。
(7)防犯ブザーを持つ。
(8)気持ちの良いあいさつをする。
(9)交差点は速やかに渡る。止まってくれた車の人にお辞儀をする。

(登校・遅刻・欠席・早退・外出)

第5条 登校・遅刻・欠席・早退・外出については,望ましい生活習慣づくりをする。

(1) 班旗を持って,整列し,班登校する。
(2) 時刻を守って出発する。
(3) 遅刻・欠席は,班の集合場所へ伝えに行く。
(4) 8:00~8:10の間に登校する。
(5) 下校時刻表を守って下校する。

(朝の準備)

第6条 登校したら学習の準備をし,速やかに学習に取り組む態度をつくる。

(1)ランドセルをしまう。
(2)宿題を出す。
(3)学習道具を準備する。
(4)連絡帳を書く。
(5)水やりがある時は水やりをする。
(6)終わったら静かに本を読む。
(7)8時20分までに終わるよう,静かに行動する。
(8)友達や先生にあいさつをする。

(学習規律)

第7条 授業では自分の力を伸ばすため,学習のルールについて決め,学力の向上を図る。

(1)次の授業の準備(机上に教科書・ノート)をして休憩をする。
(2)チャイムで号令がかけられるようにする。
(3)みんなに聞こえる声で発表する。
(4)席に座って学習する。(体調の悪いときは手を挙げる。先生の許可をもらって席を立つ。)
(5)学校のものや学習用具を大切に使う。
(6)授業に関係のない話をせずに学習に取り組む。
(7)正しい座り方をする。
(8)他の人の物を触らない。

(持ち物)

第8条 学習に集中できるように,必要な持ち物を定める。

(1)自分の持ち物には,必ず記名をする。
(2)筆箱の中身は,鉛筆5本,消しゴム,名前ペン,赤鉛筆(赤ボールペン),青鉛筆(青ボールペン),定規を基本とする。
(3)カバンや筆箱などの学用品に,飾り(キーホルダー等)をつけない。
(4)置き傘は教室の決められた場所に置く。
(5)飲み物として,水筒にお茶または水を入れて持参してもよい。水筒の代わりにペットボトルを使用してもよい。
(6)カイロは持ってきても良いが,ポケットや服から出してはいけない。
(7)暑さ指数などで命に危険のあるときは,保冷剤など体を冷やせるものを持ってきてもよい。
(8)学校での学習活動に必要でないものは,持参しない。

(持って来てはいけないもの;飾りのついた学用品,キーホルダー,携帯電話や情報通信機器(※),ゲーム類,マンガ,お菓子,装飾品,シャープペンシル,カッターナイフ等危険物,学習に不要なもの)

(特別教室の使い方)

第9条 施設の正しい使い方を身につけるため,特別教室の使い方を定める。

(1)鍵を取りに行って,何に使うか目的を話す。
(2)勝手に入って遊ばない。

(休憩時間)

第10条 安全に楽しく遊ぶために,休憩時間の遊び方について定める。

(1)ボールの使用

割り当てられたときだけボールを使って遊べる。

他の学年のボールを使うことはできない。

畑の周りでは使わない。

(2)廊下・階段の通り方

右側を静かに歩く(走らない・大声を出さない)。

1階の職員室前の廊下は特に静かに通る。
(3)チャイムが鳴ったらすぐに遊びをやめる。
(4)遊べる場所

コンクリートの所では遊ばない(体育館周り・昇降口・プール側)。

グランドのフェンス裏の溝には近づかない。

畑の中には入らない。

廊下では遊ばない。

鉄馬は中庭のウサギ小屋の前でする。

(5)遊具などの使い方

遊具はゆずり合って使う。

きまりを守って仲良く遊ぶ。

雨の日や猛暑の日など,外遊びができない日はトランプなどで遊べる。

(給食)

第11条 自分の健康を考えながら楽しく食事ができるようにする。

(1)給食準備時には,教室の後ろで静かに読書をして待つ。
(2)給食当番はしっかり手を洗い,給食着・マスクをつけて配膳する。
(3)給食中は静かに食べ,放送を聞く。
(4)決められた片付け方をする。
(5)13:00までに,食器などを配膳室に返す。

(掃除)

第12条 自分達の学校をきれいにして,すっきりした気持ちで学校生活を送れるように清掃活動に取り組む。

(1)縦割り班で掃除を行い,高学年は低学年の手本になるよう行動し,低学年は高学年の姿を見て掃除を行う。
(2)時間いっぱい掃除をする。(反省会を含む)
(3)すみずみまで掃除をする。
(4)無言掃除をする。
(5)掃除道具を正しく使い,片付けまできちんと行う。

(その他)

第14条 その他以下のことを規定する。

(1)学校内の施設設備を破損した場合や発見した時は,職員室に届け出る。故意に行った場合は,正直に事情を話し,謝る。故意に行ったと判断される場合は,実費弁償したり,関係機関と連携したりする。
*意図的に物を投げたり,叩いて落としたりした場合
*遊んでいて,不注意で物をこわした場合
(2)事故があった時は,学校へ報告する。

第3章 校外生活に関すること

 この章は,保護者責任の観点からその指導内容も記載し,学校・家庭・関係機関と連携を取り指導する。

(遊び)

第15条 校外でも安全な生活を送るために,遊ぶときのルールを守るよう決まりを定める。

(1)自転車

自転車は,3年生以上はヘルメットをつける。

交通安全教室をしていない1・2年生は子供だけでは乗らない。

左側を1列で運転する。手放し運転など,危険につながる乗り方はしない。

学校の敷地内(駐車場や運動場)はすべて,自転車には乗らず,押して歩く。

(2)遊んではいけないところ

川・池・海・溝には子供だけで行かない。

道路や駐車場では遊ばない。

大人のいない家では遊ばない。

許可のない人の家の敷地内には入らない。

(3)エアガンのような危険な遊びはしない。
(4)物の貸し借りはしない。
(5)子供だけでは店に行かない。
(6)お金を家から持ち出さない。友達におごったり,おごってもらったりしない。
(7)子供だけで千年学区の外には行かない。
(8)遊びに行く時には,どこで遊ぶのか,だれと遊ぶのか,何時頃に帰るのかを家の人に伝える。

(交通安全)

第16条 交通ルールを守り,安全な歩行や自転車の乗り方には十分気をつける。交通安全については,年1回以上の交通安全教室を実施して意識を高める。3年生で自転車教室を実施し,正しい乗り方や点検・整備を学習する。それまでは,大きな道路では,乗らない。

(1)歩行者は右側通行,自転車は左側通行を守る。
(2)道路を渡る時は,左右の確認をする。
(3)信号を守る。(点滅したら,真ん中より先なら進む。真ん中より手前なら戻る。)
(4)自転車に乗る時はヘルメットをかぶる。
(5)自転車のタイヤの空気・ライト・ブレーキ・ベルの点検をする。
(6)自転車に乗っている時に足がつくか確かめる。

(防犯)

第17条 自分の命や社会のルールを守り,安全な生活を送るようにする。

(1) 「いかのおすし」を守る。
(2) こども110番の家を知っておく。
(3) 危ない場所に行かない。寄り道をしない。
(4) お家の人と遊びに行くときのルールを決めておく。
(5) 一人で登下校しないようにする。
(6) 年に1回,防犯教室を行って身を守る方法を学ぶ。

第4章 特別な指導に関すること

ルールを守れないなどの課題がある児童については,家庭と連携し,協力を得ながら個別指導を行う。

 PDFはこちら
pagetop