校長室から       

                 

 福山市のシンボルである美しいお城,久松城の北方の風光明媚な丘陵地に,本校は位置しています。1980年(昭和55年)4月に,地域の方の熱い思いで樹徳小学校から分離し開校。そして昨年度,創立40周年を迎えました。地域の方からも,「おらが学校」として大変愛されており,学校・保護者との三者で共に歩んできたという歴史があります。
 校章は水野勝成公の紋所「おもだか」に由来しています。大切な4つの力「創造力と知性」「情操と道徳性」「体力と健康安全」「強靭な意志と集中力」を示しており,現在の教育理念の基盤となっています。

 2020年度(令和2年度)がスタートしました。県においては,広島県版「学びの変革」アクションプランによる主体的な学びの充実が,福山市においては,「子ども主体の学び」全教室展開をすることによって,授業が面白いと感じる子供の育成を推進しています。

 本校では福山市のめざす「福山市に愛着と誇りを持ち,変化の激しい社会をたくましく生きる子ども」の育成に向けて,義務教育9年間を一体的に捉えた小中一貫を推進しています。城北中学校区でめざす「主体的に学ぶ児童生徒の育成」を受け,本校の学校教育目標を「自ら考え 正しく判断し 行動する 感性豊かな子」とし,日々教育活動を進めています。教職員一丸となり,子ども達の「自ら学ぶ姿」を創造し,夢や目標にたくましく挑戦する子ども達にしっかりと育ててまいります。
 新たな学びを目指し,子ども達の力を伸ばす活動進めていきたいと考えています。今後とも保護者の皆様のご支援,ご協力をお願いいたします。
 

                                         2020年(令和2年) 4月1日
                    福山市立久松台小学校
                    校 長  清 水 正 憲