学校長あいさつ

校長室から皆様へ

 2020年(令和2年)4月

 福山市立芦田中学校

 校長 髙山 文治

 本校は,福山市の北部に位置し,学校規模は令和2年度(4月1日現在)で,全校生徒140名,8学級(うち特別支援学級3学級)です。校区内には,福山市立動物園があり,別所砂留をはじめとした砂留が発見されています。  福山市では,「福山100NEN教育」として,子どもたちの学びをより確かなものにし,変化の激しい社会をたくましく生きる子どもたちを育成するために,小中一貫教育の取組を進めています。芦田中学校区では,めざす子ども像を「ふるさと芦田に愛着と誇りを持ち,未来を切り拓き,たくましく生きる子ども」とし,小中学校の教職員が一丸となって取り組んでいます。  現在の社会は,グローバル化や少子化・高齢化の進展,雇用環境の変容,地域社会・家族の変容,環境問題など急激に変化しています。さらに,AIが生活の中で活用され,便利になってきています。このような中で,たくましく未来を切り開き,社会に貢献できる人材の育成を目指し,本校では,学校教育目標を「夢や目標の実現に向け,主体的に行動する生徒の育成」とし,教育活動を通して「課題を解決する力」「コミュニケーション力」「思いやりの心」を育てて参ります。  子どもたちが,将来,この芦田の地で,福山で,日本で,世界で活躍できるよう,何事にも「前向きに」挑戦し,努力し続ける学校づくりを行いますので,地域の皆様・関係者の皆様の本校へのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

pagetop