警報発令時の対応Emergency

警報発令が発令された場合の
対応指針

台風等,自然災害時の
安全対策並びに臨時休業等の対応


 台風,地震等,自然災害が予想される場合の学校の対応について,次のように判断基準を定めておりますのでお知らせいたします。

1 臨時休業(学校を休みにする)の判断基準

1 洪水警報・・・臨時休業

2 暴風警報・・・臨時休業

3 大雨警報・・・河川等の状況を勘案し,校長の判断による。

4 大雪警報・・・通学路等の状況を考慮し,校長の判断による。

5 地震警戒宣言・臨時休業

※これは原則です。広範囲の福山市ですので,状況によっては,このとおりにならないことも あります。

2 登校前に臨時休業する場合の連絡

① 前日までに,決定した場合,各家庭に手紙または,地域連絡網で連絡します。
② 当日朝,午前6時の時点で,福山市に上記の警報等発令の場合,近隣の小中学校と協議 し,臨時休業を決定したら,午前6時半ごろに地域連絡網,福山市メール配信システム で連絡します。

3 登校後に警報等が出た場合

① 「早く下校させる場合」,「下校を遅らせる場合」「保護者に迎えをお願いする場合」は, 保護者に電話連絡をします。
② 通常の下校時刻で一斉下校する場合,地域担当の職員が,児童の下校を見守ります。

4 お願い

○ 福山市メール配信システムでも,学校の緊急対応について連絡しますので,登録してい ただきますようお願いいたします。(4月に配布しておりますが,文書が必要な方はお知 らせください)
○ 地域連絡網で電話連絡した場合,代表の方は,最後まで伝わったことを学校にお知らせ ください。
 PDFはこちら
pagetop