ユネスコ・スクール


  ユネスコ・スクール(APネット)は,1953年,ユネスコ憲章に示されたユネスコの理想を実現し,また,平和や国際的な連携を学校での実践を通じて促進することを目的に設けられました。

(※ASP(Associated Schools Project)は,「ユネスコ協同学校」と訳していましたが,より親しみやすい呼称とするために,これを「ユネスコ・スクール」と改め,その普及を図っています。)

 就学前教育から教員養成大学までの学校が参加して,地球規模の諸問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発,発展を目指した教育活動や,他の学校と生徒間・教師間で交流を行っています。

 ユネスコ・スクールに加盟すると,国連機関であるユネスコによる認定校として,認定証が送られます。

 現在ユネスコ・スクール加盟校は,全世界で約8,000校,日本の学校にも多くの加盟校があります。加盟すれば国内外のユネスコ・スクールと交流を持つ機会が得られます。また,ユネスコから年数回,世界のユネスコ・スクールの活動報告などの情報誌が送付され,各国の特色ある取組みを知ることができます。

 ユネスコ・スクールに加盟するためには申請手続きが必要になります。

詳細については,下記「ユネス・コスクールへようこそ」をご覧ください。

 



申請窓口

  福山市教育委員会事務局学校教育部指導課

  住所 〒720−8501 福山市東桜町35

  電話 084−928−1170

  FAX 084−928−1737

  E−mail shido@city.fukuyama.hiroshima.jp

ユネスコ・スクールへようこそ

加盟申請から承認までの流れ

  市町立学校等→市町教育委員会→県教育委員会

  →ユネスコ・スクール事務局→日本ユネスコ国内委員会事務局

  →ユネスコ本部

文部科学省ユネスコ・スクールのホームページ



トップページへもどる