インターネット運用規定

福山市立御野小学校インターネット運用規定

<趣旨>

第1条
この要綱は,福山市立御野小学校のおける教育活動を効果的に行うために,インターネットの利用の仕方や発信のあり方に関し,必要な事項を定めるものとする。

<インターネット利用の基本>

第2条
インターネットを利用するにあたっては,児童及び関係者の個人情報等の保護に努めるとともに,児童の情報活用能力の育成を図り,開かれた学校の推進,各教科・総合的な学習の時間等の視点からの教育推進・課題解決に寄与するように努めなければならない。

<インターネットの主な利用形態>

第3条
インターネットの主な利用形態は,次の各号に定めるものとする。

(1)各教科や特別活動・総合的な学習の時間等での学習。
(2)地域社会への情報発信や連携。
(3)PTA活動の推進。
(4)教職員の研修。
(5)その他,本校教育推進に必要と判断される活動。

<webページ等による情報の発信>

第4条
webページにより情報の発信を行う場合には,事前に学校長,または代理が掲載内容について適正であることを確認する。

<個人情報の保護>

第5条
インターネットで個人情報を送信する場合には,他に悪用されることがないように配慮する。(住所,電話番号,氏名,生年月日等は発信しない)

第6条
インターネットで個人情報を受信した場合には,他に悪用されることがないように配慮する。

<教職員による指導の徹底>

第7条
教職員は,著作権・知的所有権に配慮し,インターネットにおける基本的モラルに留意するとともに,児童の情報モラルの涵養を図る。

第8条
教職員は,インターネットの特性を考慮し,教育上有害な情報の取り扱いの指導を徹底する。

第9条
教職員は,発信する内容について,言語・表現方法・内容など,人権に関わる表現に配慮する指導を行わなければならない。

第10条
教職員は,児童が情報を発信する場合,必ず事前に内容をチェックしなければならない。

<その他>

第11条
インターネット上のトラブルや問題が起こった場合は,速やかに学校長に報告し,対処に努めなければならない。

第12条
学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い,規定事項の見直しの必要が生じた場合には,必要な手続きを経て基準の見直しをしなければならない。

心と体の相談窓口を第3火曜日に設置しています

不祥事防止委員会