お知らせ

9月16日(金)思いきって書いてみよう!


 前衛書道家の植木由樹子先生にお越しいただき,4~6年生が、自分の思うように字で表現してみる体験をしました。
 植木先生は、2年前のコロナ禍において藤江小学校の子どもたちの命が力強く輝くようにと「命を守る 未来を切り拓く!」の文字を書いていただいた方です。
その後、本校の学校教育目標を力溢れる書体で、また、色々な書体で書いていただき、常に、みんな一人一人の感性を大切に思いきりチャレンジしたらいいんだよとのメッセージを届けていただいていました。
やっと念願かなってお越しいただくことができ、4年生は半紙からあふれ出す「チャレンジ」を、
5年生は自分の歩きたい「道」を、6年生は自分の思い描く「志」を時間いっぱい集中して書きました。
 とは言え、初めは、見るからにエネルギー溢れる先生のお手本に、みんな目を白黒させ、「さぁどうぞ!」と言われましても・・・といった空気でしたが、先生の

 悩み考えるより、まずやってみてごらん。きっと、どんどんアイディアが湧くよ。
自分の思い描くことに失敗なんかないから、思い切ってやってみて。
 うまくいかなかったと思うところも、後からいくらでも何とかなるものよ。

といったお声かけに、どんどん筆が進み、中には「あと30秒!」と言われた瞬間に一気に力強く書き上げた人も居ました。文字を書きながらSDG’sの視点や助け合う視点も学んでいます。
どのクラスからも、片付けをしながら「楽しかった~」という声が聞こえ、「また来てほしいから、校長先生に頼みに行きます!」と言っていた人もいたそうです。
  子どもたちの“自分を大切に、友だちを大切に”する気持ちを体現する時間を創ってくださった先生に感謝すると共に、あらためて、「子どもってすごい!」と思った今日でした。

 

 

 

 

 

2022年09月16日

9月16日(金)児童会役員引継式

 児童会前期役員と後期役員の引継式が行われ,前期役員には修了証が、後期役員には任命証が手渡されました。
 この会は,2年前、コロナ禍に在っても自分たちの生活を切り拓くために考え続けた前期役員の功績を称え、その前向きな姿勢を後期役員に引き継ぐために始めたものです。
 会を重ねるごとに、役員立候補演説のときから一人一人にやる気が溢れ、未来へと引き継ぐ内容を語る立派なものになってきています。
 子どもたちが、児童会について、自分たちのきまりを尊重し、自分たちで創りあげる組織であることを理解し、互いに協力し合う場だと考えているからこそだと思います。
 前期児童会は、命を守る行動を「ビューティフル フラワー プロジェクト」と銘打ち、みんなの元気が出るように学校中を花でいっぱいにしたい!と取り組みました。発芽がよくなかったことにあきらめることなく、学年の植え協力を得て再度チャレンジし、大きなヒマワリが育ち、たくさんの種を収穫中です。この種は福島県の方々の復興支援に繋がっていきます。
 そして、このみんなが元気になるようにとの思いを、後期児童会がしっかりと引き継ぎます。
 藤江小学校児童会のこれまでと、これからをつなぐ堂々とした姿に、みんなが心を一つにした時間でした。
 後期児童会のスローガンは、「笑顔輝け!毎日チャレンジ!」です。

2022年09月16日

サバンナ先生 ようこそ!

9月6日 新しいALTの先生が来てくださいました。サバンナ・マクドナルド先生です。先生は,7月にジャマイカから日本に来られたばかりです。子どもたちにたくさんの写真をみせながら自己紹介してくださいました。初めは緊張気味だった子どもたちもドンドン先生の英語の世界に引き込まれていきました。サバンナ先生、どうぞよろしくお願いします!

 

 

2022年09月09日
» 続きを読む

自分を大切に、他人を大切に、故郷を大切にする子どもを育てます!