本校にも1台,玄関横にAEDを設置(鍵の付いたボックスに格納)しています。

 学校教育活動の場面だけでなく,子どもの地域スポーツ(野球,サッカー,ソフトボール,フットベースボール,バスケットなど)や,一般の方が夜や休日などに行う社会体育などの場面においても,AEDが必要となる状況も考えられます。

 こうしたことを受け,誰であろうとも,いつ,いかなる場合においても,鍵のかかったボックスから確実にAEDを取り出すことのできる形を整える必要があると考えました。

 その手順を保護者・地域の皆様に周知したいと思います。
   

  クリック

 
 
 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

 2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。

 AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。