4学年 総合「グローカル講座」

4学年は、4月20日(木)、5月10日(水)に「グローカル講座」を開催しました。

第1回は、有限責任監査法人トーマツ 時任奈穂シニアマネージャー、
第2回は、
福山市立大学 都市経営学部 玉井由樹 准教授を講師に招き、
「課題研究を通して,高校生と地域社会を結びつけ,社会に自分たちの考えを表現する手段と方法を身につける。」
ことをねらいとして、ディスカッションやグループワークを行いました。

第1回目の講座の様子
第2回目の講座の様子
グローカルとは,グルーバル&ローカルをつなげた造語です。
グルーバル即ち国際感覚を身に付ける教育実践では,これまでの実践に加えて,
単なる交流のレベルからもう一歩進んで,提携校等の生徒と,
共通なテーマで探究・協働する段階に進んでいきます。
また,ローカル即ち地域課題解決プロジェクトでは,四年生で「高校版ふるさと学習」
に取り組みます。具体的には,班別で,地元企業について研究・取材し
「高校生が作った高校生のための福山の企業ガイドブック」を作成・発行します。
グローバル力を育成する学びを行うと同時に,地元地域産業を学び,福山の良さを発見し,
生徒の皆さんが将来どういったステージで生き,自己実現を図るかを考える教育内容です。
たくさんの地元企業にも協力をいただき進めていきます。

2017/5/11 アップ